初めてのクレジットカードはクラシックから

ひとえにクレジットカードといっても様々な種類があります。
クレジットカードの種類分けで基準となるのがグレードです。
ゴールドカードやプラチナ、ブラックなどの単語を耳にしたことがある人もいると思いますが、これがクレジットカードのグレードです。
最初に契約した際は一般カード(クラシックカード)からスタートとなります。
利用限度額は50万〜100万程度になっています。
利用限度額は利用者の年収によってことなるため、誰もが50万、もしくは100万の利用限度額を持てる分けではありません。
利用限度額は年収の3分の1と法で決まっていますので、利用限度額を上げるには年収も上げなければなりません。
一般カードには年会費が無料のものもありますが、ほとんどの場合年会費が設定されており、その額はおおよそ千円程度です。
世界的に有名なカード会社では一般カードでも年会費が1万以上する場合もあります。

また、保険などのサービスが充実しているものは年会費も高めに設定されていることがあります。
金額は2〜3千円程度で、国内の大手銀行系のカードがこれに当てはまります。
年会費は高いですが、利用限度額は他のものとほぼ同額です。
一般カードの1つ上がゴールドカードです。
一昔前であればゴールドカードを所持するまでは大変でした(以前は30歳以上や年収500万以上などの条件が設けられていました)が、最近は比較的簡単に所持することができます(年会費が数千円のものもあります)。
ゴールドカードの利用限度額は一般カードよりも高めに設定されており、それに+αとして空港のラウンジ利用やホテルの予約代行などサービスが充実している傾向にあります。